嫁にど突かれながら「風俗に行くな!」と言われていますが、僕の風俗通いは一向に収まりません。そんな僕が見たり聞いたりしてきた体験談を掲載しています。

何時の間にか風俗のベテランに

何時の間にか自分で言うのもなんですけど風俗のベテランになってきたような気がしますね。自分でも驚きというか、楽しいのでついつい利用しているうちに、気付いたらもっともっとってなってベテランになっていたような気がします。自分が一番好きなのはデリヘルです。風俗が好きというか、単純にデリヘルが好きっていうのがあるのかもしれないですね。デリヘルの良さって語れないというか、女の子との雰囲気が女の子によって結構違ってくるんです。だから毎回新鮮な気持ちで楽しむ事が出来るんですよね。むしろ二回として同じような雰囲気にならないっていうか、常にドキドキなんですよ。ホテルの雰囲気もありますし、デリヘルはその都度全然違う雰囲気を楽しむ事が出来るんです。良い気持ちになればまた次もって気持ちになるのは当たり前じゃないですか。それでいつしか気付いたら風俗情報誌が愛読書になってしまっていましたからね(笑)自分でもびっくりしていますよ。

風俗の楽しみ方なんて気分です

風俗の楽しみ方って誰に指図されるものでもなければ、こうしなければならないってものでもなく、本当に自由なものなんじゃないかなって思うんですよね。むしろ自分の気分次第だと思うんですよね。自分もそうなんです。それこそ恋人同士みたいな雰囲気を楽しみたいなって時もあれば、ただただ気持ちよくさせてもらいたいって時もあるし、自分が主導権を握って攻めたいって時もあるんです。どうやって楽しむのかっていうのは本当に自分でも解らないっていうか、女の子の顔を見てそこでいろいろとビジョンが浮かんでくるっていうのはありますからね。でもそうやって楽しめるジャンルだからこそ自分は風俗って世界が大好きなのかなって思っています。もしもですけど、仮に「こうしなければならない」って決まっていたら、それが好みのジャンルじゃなかったらあまり楽しいって思えないかもしれないじゃないですか。だから本当に自分次第なんだなって気持ちにさせられますよね。

準備なんていらないのが風俗

風俗の良い所って人それぞれいろいろと挙がると思うんですけど、自分の場合いつでも楽しめるって点ですかね。準備とかもいらないじゃないですか。サービスによっては利用するに当たって何かしら準備しておかないといけない事だってあると思うんですよ。手間がかかるケースもあると思うんですけど風俗はそれこそ着の身着のままでいいんです。しかもそれでいて気持ちよくしてくれるんですからね。これだけ男にとって都合の良いサービスなんて他にないんじゃないかなってくらいですよね(笑)その日の気分でどうするか決めればいいんです。時間だって関係ないし、さらには女の子によってどんな展開になるのか解らないって点でもドキドキじゃないですか(笑)そういえばこの前のデリヘルでやってきたTはかなり美人だったんです。それだけでドキドキだし、彼女を指名して良かったなって気持ちになったし、もちろんしっかりと気持ちよくさせてもらえたので大満足ですし。

風俗は予定調和ではない

予定調和って言葉もありますけど、風俗に関しては女の子次第というか、同じ女の子相手であっても蓋を開けてみないと解らない部分がありますからね。この前がまさにそうでした。前回が良かったのもあって同じ女の子を指名したんですよ。あいても憶えてくれていたから会った瞬間から安心感というか、他の子とは違う雰囲気になったんですけど、前回は割と激しいプレイだったんですが今回はそうじゃなくてかなりネットリとしたプレイになったんです。部屋の雰囲気がそうさせたのか、それともただ単純に自分たちがそれを求めたからなのかは解らないんですけど、すぐに発射するんじゃなくて快感をより深いものにしようって気持ちになっていって、最後は彼女のお口の中にまるで何かを搾り取られているかのように発射してきましたが、こっちは発射しきっているのにそれでもかなり吸い取ってくれたので、腰砕けになってしまいそうになるくらいの快感で、最高に気持ち良かった風俗になりました。